大反響?知る人ぞ知るツボの秘密を大胆にもあばく!

2020年9月19日

Pocket

気軽にできる身近な健康対策としておなじみの経穴(ツボ)。自分で手軽にできるうえにお金もかかららず、仕事中など目や肩がつかれたときにその場でできるツボ押し。その秘密に迫っていきます。

WHOも認めてるツボ

WHO(世界保健機関)は360以上のツボを認めているます。ツボ押しなどでは、実際には約360のツボを全部使う訳ではなく代表的なツボを使って行われます。

ツボの概要

誰もが一度は聞いたことがあると思われるツボですが、その詳細をご存知の方は少ないのではないでしょうか?ここでは知る人ぞ知るツボの詳細をみていきます。

ツボは気まぐれ

ツボの反応はと言うと、状況や状態、人によっても変化するという気まぐれな部分もあります。自分はこうだったからあなたも絶対こうとは言い切れない部分もあるのです。ツボ刺激による反応や変化には個人差があると言う事を覚えておきましょう。

また、ツボ押しは筋肉を緩める行為とは全く別物と言う事も認識しておきましょう。

ツボは何に反応する

ツボは、鍼、灸、磁気、パルス電流、赤外線、アルミ、銅、圧力、気功等に反応すると言われています。

ツボは経絡の上にある

そんなツボは、「経路」とも呼ばれる「気(生命エネルギー)」が流れるルート上に存在しています。

この経絡は12の正経と8つの奇経の合わせて20の経絡があります。この気が流れている経絡(ルート)は全身に通っていますので、ツボも全身に張り巡らされているといっても過言ではありません。

経絡は東洋思想から生まれたもので、血管、リンパ管、神経などとは全く別の概念です。

ツボの大きさ

ツボの大きさに関しては、ある程度の広さ、面になっていると言われていますが、それでもごく狭い範囲となっており、やみくもに押してピンポイントで当たるような大きさとは言えないでしょう。

ツボ押しをする場合にはどれだけ正確な位置をピンポイントで刺激することができるかが重要になってきます。またツボを強めに押す場合は、ツボの周囲へのダメージなども考慮しなければいけません。

ツボの深さ

ツボの深さに関しては、ツボによっても、経絡の場所によっても変わりますし、個人の体形差もあるので一概には言えませんが、有名なツボ「合谷」の場合は、5~7㎜程度と言われています。つまりツボによって深さが異なると言う事です。

ツボまで刺激が届かなければ反応は得られませんので、ツボ押しをする時はツボによって押す強さが変わると言う事を知っておきましょう。

ツボは動く

ツボを刺激する際に注意したいのは、体調などの影響で動くツボもあることです。くぼんだ位置にあるなど間接や骨の近くにあるツボは動かないのですが、腕や足の真ん中にあるツボなどは体調の変化によって動くことがあります。

もっぱら経絡線上に上下に動くと言われており、経絡を外れて左右には動かないと言われています。

毎日どれくらい動くかと言うと、0.03~0.06mm位と言われています。さらに、0.05mmずれるとツボの反応は起こらないとも言われています。結構シビアな世界です。

ですから、これまで刺激していたツボが何の反応も感じられなくなったり、今一つ手応えを感じなくなった場合には位置が動いてズレてしまっている可能性があります。

一日の移動距離は0.03~0.06mm程度なのでそんなに遠くまで移動するわけではありませんから、指や棒などでツボ押しするのには大きな影響はないという見方もあります。

ツボ押しをする時は、刺激する部分を数ミリ程度上下に動かしてみて手応えが得られそうな位置を探してみるクセをつけるとよいでしょう。

ツボは1つとは限らない

ツボにはそれぞれ名前がついています。有名なツボ「百会」にはツボが2つあるとも3つあるとも言われています。しかし、同じ名前で複数ツボが存在するケースは多くはありません。

また、よくある経絡とツボの人体相関図などはあくまで目安と考えると良いでしょう。

ツボは正しく

ツボは正しい場所を正しい強さで刺激することで身体によい影響を及ぼすことができると言われていますが、そのツボがどんなツボなのかを把握していないとその影響ははかれません。

ツボの種類や場所や組み合わせ、強さや角度や頻度など間違ったやり方をすると逆に悪い影響があるとも言われています。あらかじめ良く調べてからツボ押しをする事をおススメします。

またツボには反射区という概念もあります。必ずしもツボの位置と効果が期待できる位置が一致するとは限りません。

例えば、足の裏や手のひらには非常にたくさんのツボがありますが、そのすべてが足や手に関連したものではなく、内臓も含めた全身と関わりのあるツボがたくさんあります。首に関するツボが手のひらに合ったり、肩に関するツボが足裏に合ったりします。

ツボ探知機は有能

以上を踏まえると、今の自分に合ったツボの位置を探し出すのは至難の業と言う事がご理解頂けたのではないでしょうか。

そんな方に朗報があります。ツボ探知機をご存知でしょうか?

人の身体には誰しも微弱な生態電流が流れているそうです。この生態電流は身体を調整する重要な役割をはたしていて、生体電流の伝達が乱れてしまった、上手くいかなかったりすると体調に影響を及ぼすそうです。

この生態電流の人の身体(皮膚)での電気抵抗の強弱を調べたところ、電気抵抗の小さい場所が東洋思想で言う「経穴(ツボ)」の位置とほぼ一致したそうです。

この生態電流と電気抵抗を活用したものがツボ探知機です。

使い方は簡単で、しかも正確にツボの位置が把握できます。小さな機器から出ているコードの先を皮膚に当てると、ツボがあるとわれていることろで、音と光で教えてくれるというものです。3mmも動かさないうちに音や光が消えたりもします。正確にツボの位置を知りたい人は、試す価値は十分にあると思います。

まれに、この生体電流を指先などで敏感に感じ取れる人が要るそうですが本当にまれです。お仕事でツボを扱う人でもツボ探知機を使っている場合もあるそうです。

まとめ

  • ツボはWHOでも承認されている
  • ツボの詳細を知る
  • ツボ探知機で正確な場所を知る

ツボに関する細かな知識を踏まえたうえでツボ刺激してみることで、より日常生活に役立てることができるようになるでしょう。皆様が、心身ともにスッキリした毎日を送れるように願っています。